ランナーの為の比較ポータルサイト【ランコンドットコム】|お台場マラソン

ログイン
TOP > 管理者ブログ

【コラム】子どもの『なぜ?』に答える

レクリエーションスポーツ

3歳〜6歳の子供を心理学では『質問期』というそうです。

 

何かあると、「なんで?」「どうして?」

 

自分の子供では無くても、一度はそんな子供を見た事があるのではないでしょうか?

 

 

忙しい時などは、「あー!もー!」となりがちかもしれませんね。

 

今回は、そんなテーマです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子どもの『なぜ?』に答える

 

 

皆様こんにちは。

スポーツトレーナーの坂口です。

 

『なぜリンゴは赤いの?』

この質問を聞いたことはありますか。

あの有名な人の小学生の時に先生にした質問です。

 

誰でしょう・・・

 

そう・・・

 

【エジソン】です。

 

エジソンに限らず、私たち教える立場の指導者・大人は子供に

『ねぇ~なんでなんで』と聞かれた経験はあるのではないでしょうか。

 

 

私たち指導者・大人は子供に指示を与えることがしばしばあります。

【集まりなさい】【体操すわりで聞きなさい】【話は最後まで聞きなさい】

 

この指示に意味はありますか?

言ったことはありますか?

子供に聞かれて理由を話せますか?

 

 

子どもの立場ではどうでしょう。

・「なんだか分からないけど行動している」

・「何が何だか分からないけどやる」

という状態は

「考え」も「精神」も不安定であり、

その状態になれると「何も考えなくても行動する」という

不安定な状態をそのまま受け入れる人間になってしまう。

 

 

そうならないようにするためには

【意味を語らないといけない】趣意説明をしていく。

 

 

 

今回は、私が運動の時にお話しする意味をご紹介したいと思います。

 

◎【集合を早くするために】

集合が早いと楽しい運動がたくさんできる。

友達とぶつからないで来るとケガしない。(集合の時の安全の配慮の趣意説明)

 

 

◎【体操すわり】

先生の話をよく聞けるようになる。

友達に手(腕)がぶつからないで済む。

寝ていると友達に蹴られちゃう。

 

 

◎【話は最後まで聞く】

お母さんとお買い物していて、ビルが火事になってしまいました。

そのときスタッフから「あちらの階段から」と聞いて逃げってしまったときに、

本当は「あちらの階段から逃げないでください」と言っていたら危ないです。

だから最後までお話を聞く練習をしているのです。

 

 

◎【応援し合う教室を目指して】

先生「友達から「あいつできてないじゃん」と言われたらどう思いますか」

 子供「いやだ」

先生「そうだよね。じゃあ「がんばれ。がんばれ」と言われたら?」

 子供「うれしい」

先生「そうだよね。だから友達のことを応援してあげるんだ。

   そうすると応援されるようになるからね。そんな教室にしたいと先生は思ってます。」

 

 

 

他にもいっぱいあると思います。

是非皆さんのも聞いてみたいです。

 

そして私たち指導者・大人たちが子供の『なぜ』を共有して、

考え・学ぶ機会を増やしてあげていきたいものですね。

 

【参考文献】

授業の腕を上げる法則 向山洋一 著書

2015/03/17 16:53

注目ランナーズスポット

東京都江東区有明2-3-5
9:00~21:30(プール更衣室は9:30から)
※休館日:毎月第2・4月曜日(祝・休日の場合は翌日)
東京都江東区有明3丁目7−26有明フロンティアビル1F
平日 7:00〜22:30
土日祝日 7:00〜18:00
休館日 年末年始
ステーション情報をもっと見る

注目ラントレーナー

近年ランニングブームによりランニングをされる方が多くなってきております。 ランニングをしている中で膝や腰などにケガをしてしまう方も多くなってきているのも現状です。 負担のない身体の使い方をトレーニングやランニングドリルなどを通して取得して楽しいランニングライフを過ごしていきましょう。 ランニング後の身体のケア方法やランニングのみでなく色々なスポーツ種目のためのトレーニングなども提案させていただきます。
ランニングは必ずケガをするスポーツです。ケガをしないために正しいフォームを習得し省エネで楽に走ってみましょう。そしてストレッチなどの身体のケア・コンディショニングをしてよりケガしないように!より走りやすいように!自分のベストパフォーマンスを発揮できるようにしていきましょう。
トレーナー情報をもっと見る