ランナーの為の比較ポータルサイト【ランコンドットコム】|お台場マラソン

ログイン
TOP > 管理者ブログ

【コラム】スポーツマンシップ

レクリエーションスポーツ

 

勝つ・負ける。

 

最近は、小学校の運動会での「かけっこ」のゴールを、

『みんな一緒に手を繋いで横並びでゴール』する学校があると聞きました。

 

 

その良し悪しは一概には言えないと思いますが、

勝つ・負けるを体験する事の意味はあるのかなと思います。

 

今回はそんなお話。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スポーツマンシップ

 

皆様こんにちは。

 

スポーツトレーナーの坂口です。

つい先日、母親の前で男の子が跳び箱5段跳べるようになりました。

母親が飛び跳ねて喜んだ瞬間に出会うことが出来ました。

 

私が活動する運動教室では、親御さんも見学している場所もあります。

その中で

「お母さん・お父さんと足じゃんけん。勝ったら戻っておいで」

と言います。

1回目で勝ってすぐ戻ってくる子ども・何回も負けてしまい泣いてしまうお子さま・・・

 

 

そしてこんな話をしております。

私:「甲子園って知ってる?」

子ども:「知ってる!」

   「う~ん。聞いたことある」

   「知ってる!!!」

 

私:「高校生のお兄ちゃんたちが夏に全国大会やってるんだよ。

  それが甲子園って言うんだよ。」

子ども:「へぇ~」

   「そうなんだ~」

 

私:「そこではトーナメントってもので勝負していくんだ。

  ここで質問です。最後まで勝つチームは何チームでしょう。」

子ども:「う~ん」

   「う~~~ん」

 

私:「全国で3000チームあります!」

子ども:「100チーム」

   「20チーム」

   「5?」

   「1チーム!」

 

私:「正解は1チームでした。では他のチームはどうなっているの?」

子ども:「負けてる?」

私:「そうです!負けています。他のチームは負けているのです。

 トーナメントでは勝てるチームは1チームしかありません。

 全部のチームが勝つためにチャレンジするのです。

 負けても次がんばる人たちが強くなるのです。

 だからみんな勝てるまで・出来るようになるまで頑張れる人になってください。」

 

続けていくと、お父さんがわざと負けていたお子さまや、負けて泣いていたお子さまが、

負けを受け入れらるようになっていきます。

 

 

他にもソフトボール日本代表を例えに、こんなお話もあります。

宇津木前監督は、次のようにも言っています。

「あいさつもまともにできないような選手は、キャッチボールすら上手にできないのです。

これはソフトボールに限らず、すべてに言えることです。」

負けたとき、とっても悔しいと思いますが、日本に限らず、外国でも、試合が終わったあとに、お互いのユニフォームを交換したり、握手したりします。

それは、「お互いにがんばったね」「またがんばろう」という気持ちが含まれているのです。

これを「スポーツマンシップ」といいます。

最後にしっかりと挨拶ができる人が、すばらしい子です。

(プロスポーツ界のかっこいい指示・用語辞典 P-27)

 

 

今まで負けていたことを勝てるようにする事・できなかった事を出来るようにする事はもちろんです。

そして勝った時のすばらしさ・負けた時の悔しさを教えていく事も私たち大人・指導者の役目だと思います。

 

 

【参考文献】

プロスポーツ界のかっこいい指示・用語辞典 

根本正雄 著書

2015/08/19 15:31

注目ランナーズスポット

東京都江東区有明2-3-5
9:00~21:30(プール更衣室は9:30から)
※休館日:毎月第2・4月曜日(祝・休日の場合は翌日)
東京都江東区有明3丁目7−26有明フロンティアビル1F
平日 7:00〜22:30
土日祝日 7:00〜18:00
休館日 年末年始
ステーション情報をもっと見る

注目ラントレーナー

近年ランニングブームによりランニングをされる方が多くなってきております。 ランニングをしている中で膝や腰などにケガをしてしまう方も多くなってきているのも現状です。 負担のない身体の使い方をトレーニングやランニングドリルなどを通して取得して楽しいランニングライフを過ごしていきましょう。 ランニング後の身体のケア方法やランニングのみでなく色々なスポーツ種目のためのトレーニングなども提案させていただきます。
ランニングは必ずケガをするスポーツです。ケガをしないために正しいフォームを習得し省エネで楽に走ってみましょう。そしてストレッチなどの身体のケア・コンディショニングをしてよりケガしないように!より走りやすいように!自分のベストパフォーマンスを発揮できるようにしていきましょう。
トレーナー情報をもっと見る