ランナーの為の比較ポータルサイト【ランコンドットコム】|お台場マラソン

ログイン
TOP > 管理者ブログ

【コラム】「どれだけ褒められるか…」

レクリエーションスポーツ

「褒める」

 

 

意外と難しいかもしれませんね。

怒る、叱る、小言、注意・・・

 

角度を変えて伝える事の大切さが分かるコラムになってます。

コラムニストは坂口トレーナーです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「どれだけ褒められるか…」

 

今回のテーマは「どれだけ褒められるか」です。

コラムを書かせていただいているわけですが、、

私の考えなんて大したことなく、未だに本を読み学ぶしか方法がありません。

 

今回も本から学んでいるのですが、

このような指導を出来るのか自分自身を見つめなおしている次第です。

皆様はこのような状態でしたらどのように指導していきますか?

 

 

個別学習の時間、O君が歩き出した。

それを見たS君が歩いて注意しに行った。

その注意の仕方がしつこいうえに、実にうるさい。(翔和学園 P68)

 

 

例えば・・・

先生:「O君座りなさい。S君も座りなさい!

   人の注意はいいから自分の勉強しなさい!」

 

先生:「S君もO君も座りなさい!S君の注意もしつこいです。」

いかがでしょうか・・・他にありますか?

 

 

 

ではテーマは「どれだけ褒められるか」です。

どのように褒めたのでしょうか!

 

 

 

私はS君のそばへ行きこう伝えた。

「そうだね、S君の言う通り授業中立ち歩いちゃいけないね。

先生、今から君のこと褒めるからね。お手本になってよ。さあ。急いで急いで」

 

S君はあわてて席に戻った。

 

その間にO君にも伝えた。

「S君の次に君を褒めるからね。準備しておいてよ」

 

私はS君の隣へ行き、全体に向けて伝えた。

「勉強はS君みたいにやるんだ」

 

その間にO君も席に戻った。

「おっ、O君も立派だ。お手本だ」

 

二人とも張り切って学習に取り組めた。

授業が終わってから二人に「立派なお手本を見せてくれてありがとう」と伝えた。

(翔和学園 P68-69)

 

まだまだ子供たちを褒めることが出来そうな場面を思い出してしまいます…。

これからも多くの子どもたちを褒められるように努めていきましょう。

 

【参考文献】

「昭和学園“生きる気力を育てる”発達障害教育」 伊藤寛晃 著書

2015/11/10 14:33

注目ランナーズスポット

東京都江東区有明2-3-5
9:00~21:30(プール更衣室は9:30から)
※休館日:毎月第2・4月曜日(祝・休日の場合は翌日)
東京都江東区有明3丁目7−26有明フロンティアビル1F
平日 7:00〜22:30
土日祝日 7:00〜18:00
休館日 年末年始
ステーション情報をもっと見る

注目ラントレーナー

近年ランニングブームによりランニングをされる方が多くなってきております。 ランニングをしている中で膝や腰などにケガをしてしまう方も多くなってきているのも現状です。 負担のない身体の使い方をトレーニングやランニングドリルなどを通して取得して楽しいランニングライフを過ごしていきましょう。 ランニング後の身体のケア方法やランニングのみでなく色々なスポーツ種目のためのトレーニングなども提案させていただきます。
ランニングは必ずケガをするスポーツです。ケガをしないために正しいフォームを習得し省エネで楽に走ってみましょう。そしてストレッチなどの身体のケア・コンディショニングをしてよりケガしないように!より走りやすいように!自分のベストパフォーマンスを発揮できるようにしていきましょう。
トレーナー情報をもっと見る